クローズアップ・マーケット

TPPは怖くない! 「21世紀の農業」太陽光発電で乗り切れ!

  • 印刷
  • 共有

TPP交渉の核となる日米協議が佳境に入っている。全体としては合意に向けて前進しているようだが、最後に残ったコメと自動車部品の分野での詰めに手間取っている。

TPPで農業壊滅?

自動車部品では日本は攻める側だが、コメ分野の守りでは苦戦している。アメリカ側は日本に年間17万5千トンの主食米を関税ゼロで受け入れるように要求している。対する日本は、5万トンの特別輸入枠が限界としている。両者の隔たりは大きい。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報