クローズアップ・マーケット

ミサイル、ドローン、中央構造線:日本に原発は無理

  • 印刷
  • 共有

9月5日正午過ぎ、北朝鮮は弾道ミサイル3発をほぼ同時に発射した。発射地点は平壌の南約40キロ地点。ミサイル群は東方に約1000キロ飛行し、北海道奥尻島の西方200~250キロの日本の排他的経済水域内に落下した。航続距離、精度、信頼性の全てにわたり大きく向上しているようだ。

「原発にミサイルを撃ち込まれたら?」

防衛省は今回発射されたミサイルの種類について、スカッドかノドンとみている。スカッドの射程距離は通常300~500キロだが、新型は1000キロに向上していると言われている。それでも十分な脅威だが、射程1300キロ以上のノドンなら、日本のほぼ全域が射程に入る。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報