クローズアップ・マーケット

テスラ快走:停滞するEV市場に光明

日本の株式市場は、昨年末の「アベノミクス」発表以来、久々に活気付いている。5月22日の終値15,627円は5年7か月ぶりの高値であり、1月4日の終値10,688円より50%も高いレベルであった。ただし、その後は、5月30日に737円という今年2番目の下げ幅を記録するなど、8日間で2000円も下げ、神経質な動きになっている。

アメリカ市場も上昇基調にあるが、ダウもナスダックも日経よりはるかに安定している。その中で、過去1ヶ月間で株価が2倍に上昇し注目されている企業がある。それが、EVのトップランナー、テスラ・モーターズ(TSLA)だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報