クローズアップ・マーケット

再稼働より「トイレ」建設を急げ!

  • 印刷
  • 共有

3.11以降の再稼動第1号を目指す九州電力川内原発(鹿児島県)。しかし、7月下旬としていた再稼働時期が8月中旬以降にずれ込む見通しになったようだ。営業運転開始はさらに遅れるため、夏の電力需要のピークには間に合わないことになる。

九電が新基準のもとで、再稼働の申請を行ったのは2013年7月。一時は「(2013)年内にも」という甘い見通しもあったが、実際には審査終了に1年10カ月もかかっている。今後、さらに遅れる可能性もあるようで、筆者は、今年中の再稼働は無理、と見ている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報