クローズアップ・マーケット

メガ燃料電池始動:分散電力の時代へ

  • 印刷
  • 共有

筆者は、本稿2015年3月2日号で、日本の電力システムが、太陽光発電の買い取り価格の低下に伴い、系統連系から地産地消の分散システムへシフトする、とコメントした。そして、電力の分散化を進めるもう一つの重要な動きが出てきた。定置型燃料電池の普及である。

国内最大の燃料電池が運用開始

大阪府中央卸売市場(大阪府茨木市)は昨年11月、Bloom Energy Japan(ブルームエナジージャパン)株式会社との間で、燃料電池の導入に関する基本合意を締結し、市場内での燃料電池の設置を進めてきた。そして、この度完成。3月9日(月)に運転開始式が現地において行われた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報