クローズアップ・マーケット

買い取り制度改革は前向きに! 太陽光発電はまだこれから

  • 印刷
  • 共有

筆者は、本稿2013年10月7日号で「2015年問題」についてコメントしたのだが、その前に「2014年九電ショック」が来てしまった。10月1日現在、九州電力の他、北海道、東北、四国、沖縄の合計5電力が、再エネ発電設備に対する新規接続契約を一時的に停止している(家庭用の太陽光は保留対象外)。日本中に衝撃が走ったのだが、混乱はまだ終わらない。

「経産省ショック」新規認定一時停止!?

10月11日、経済産業省は大規模な太陽光発電施設の新規認定を一時停止する検討に入った、とマスコミ各社が報道した。「九電ショック」に続く「経産省ショック」だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報