クローズアップ・マーケット

本気のトヨタ、テスラに追いつけるか?

2016年11月7日、トヨタが2020年までに電気自動車(EV)に本格参入し、量産を始める方向で検討していることが分かった。続いて11月30日、EVの開発や戦略を担当する「EV事業企画室」について、豊田章男社長の直轄組織とすると発表。トヨタは本気だ。

社長には分かっていた!?

筆者は以前から「究極のエコカー」は純粋EVであると言い続けてきた。また、豊田章男社長もそう感じていたのではないかと推測している。トヨタの公式見解と違うかも知れないが・・

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報