クローズアップ・マーケット

EV革命本番、「恐竜トヨタ」は提携に活路

  • 印刷
  • 共有

中国政府は、新エネルギー車規制法(NEV法)を2019年から施行する。中国国内で自動車を販売する企業に対して、その一定比率を電動車にすることを義務付けるものだ。

トヨタに非常事態

NEV法は、当初は2018年から施行し、新車販売台数に対する電動車比率を8%とする目論見であったが、自動車メーカー各社による電動車の生産が間に合わない状況をみて施行を1年遅らせた。その結果、初年度の2019年には電動車の比率を10%、2年目の2020年には12%とすることとなった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報