クローズアップ・マーケット

原発政策でも世界と逆行する日本

  • 印刷
  • 共有

本稿2017年12月4日号で、日本が環境後進国化しつつあるという話をした。石炭火力発電の増設や電気自動車(EV)へのシフトの遅れが主たる原因だが、原発政策の面でも世界の動きからずれ始めている。

中国、韓国の脱原発

昨年の今頃、中国の太陽光発電関係者から、中国が脱原発に大きく舵を切り始めたという話を聞いた。どこまで本当かと思っていたところ、この話は今年12月4日放送のNHK「クローズアップ現代+」でも報道された。中国は、原発大増設を打ち出したはずだが、実際には、2016年、2017年と新規建設は許可されていない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報