クローズアップ・マーケット

コンバートEVの夢はふくらむ

  • 印刷
  • 共有

本稿2018年10月15日号掲載で我が愛車「ビートルEV」の紹介をしてからひと月。すっかり筆者の足として定着した。同じフォルクスワーゲンでも「ニュー・ビートル」は時々見かけるが、オリジナルの「タイプ1」となると軽井沢界隈で走っているのは私の1台だけ。しかも日本に数台しかない「ビートルEV」(全てコンバート車)だ。当然地元でも注目を集めていて、ショッピングセンターやカフェで人が話しかけてくる。

自分の手足のように

筆者の「ビートルEV」。一言で言えば、自分の手足のように、思った通りに動いてくれる車だ。筆者は、ドライブが好きで、若いころは目的地も決めず気ままに遠出することが多かった。とは言え、車マニアではなく、車種にこだわったことはなかった。しかし、「ビートルEV」に乗ってから、「fun to drive(運転が楽しい)」ということが初めて分かった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報