> コラム > 軽井沢でエコについて考える2 ― 雨水の活用
クローズアップ・マーケット

軽井沢でエコについて考える2 ― 雨水の活用

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

西日本各地に甚大な被害をもたらした「2018年7月豪雨」。降った雨の量は記録的なもので、降り始めの6月28日から7月8日までの合計雨量は、高知県、徳島県、岐阜県、長野県の4県で1,000ミリを超えた。

皮肉なことに、豪雨で被害を受けた地域で、生活水の確保に苦労している。断水のためだ。水は人類の生存に最重要の物質。世界の多くの地域では慢性的な水不足に苦しみ、日本でも渇水に悩まされることがある。今回の豪雨を機に水について考えてみる。

(※全文:2567文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.