クローズアップ・マーケット

軽井沢でエコについて考える2 ― 雨水の活用

西日本各地に甚大な被害をもたらした「2018年7月豪雨」。降った雨の量は記録的なもので、降り始めの6月28日から7月8日までの合計雨量は、高知県、徳島県、岐阜県、長野県の4県で1,000ミリを超えた。

皮肉なことに、豪雨で被害を受けた地域で、生活水の確保に苦労している。断水のためだ。水は人類の生存に最重要の物質。世界の多くの地域では慢性的な水不足に苦しみ、日本でも渇水に悩まされることがある。今回の豪雨を機に水について考えてみる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報