クローズアップ・マーケット

猛威を奮いそうな「テスラ革命」:話題の「パワーウォール」を検証

6月9日から12日まで、ドイツ、ミュンヘンで開かれたIntersolar Europe 2015を視察した。私が特に注目したのは、中国製パワコンとテスラの定置型バッテリー「パワーウォール(Powerwall)」だ。なぜ今、定置型蓄電池が注目されるのか。それは、メガソーラーにおける「接続拒否対策」と家庭用における「2019年問題対策」だ。

年間導入量1000万kWは目前

日本における2014年の年間新規導入量について、いくつかの調査機関から、900万kW超という数字が出されている。「夢の1000万kW」も視野に入る数字だ。2014年末時点で累計導入量は2000万kWを超えた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報