クローズアップ・マーケット

分譲型で「マイソーラー」を実現

2012年7月の買い取り制度開始以来、太陽光発電ブームが続いている。昨年の年間導入量は200万kW、年末時点での累計は700万kWに達した。

特に好調なメガソーラーの分野では、国際航業(日本アジアグループ)、ソフトバンク、オリックス、日本IBMなど、これまでエネルギー産業とは直接関係がなかった企業が続々と参入している。早くもバブルが心配になるほどのブームである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報