クローズアップ・マーケット

広島高裁決定と関経連意見書:ズレる経済界

  • 印刷
  • 共有

筆者は、CO2削減のためにはある程度の原発再稼働は必要と考えている。しかし、Fukushima当事国として、最近の再稼働のペースは性急すぎる。現在までに5基が再稼働し(うち1基は定期点検中)、来年春頃までにはさらに4基が加わりそうだ。事故から7年にして9基の再稼働は多すぎる。救いは司法が生きていること。

高裁初の運転停止命令

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、広島高裁(野々上友之裁判長)は12月13日、運転を禁じる仮処分の決定をした。これは、住民からの申し立てを却下した2017年3月の広島地裁決定を覆したもの。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報