クローズアップ・マーケット

新国立競技場はソーラー・スタジアムで

2520億円という巨大なコストが批判された新国立競技場。責任の所在も不明なまま、その計画は「白紙撤回」となった。筆者は、2013年9月、他のオンラインサイトに、「ソラリンピック」(太陽の五輪)構想を提言した。今回の白紙撤回を機に、再提言したい。

奇抜なデザインよりエコで勝負!

白紙撤回されたデザインは国際的なコンペで選ばれ、「建設には1300億円かかる」と発表された。しかし、具体的な見積もり作業が始まるとどんどん高くなり、一時3000億円まで膨れ上がり、その後、有識者会議などを経て最終的に2520億円になった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報