クローズアップ・マーケット

東京モーターショーはエコで存在感を示せ:期待は超小型モビリティ

  • 印刷
  • 共有

10月29日(木)から11月8日(日)まで、東京ビッグサイトにて第44回東京モーターショー2015が開催された。筆者は11月5日(水)に行ってみたのだが、毎度のことながら、華やかさがない。最近では、ビッグスリーは参加せず、高級車のプレミア発表もない。世界のモーターショーの中で、東京の地位が下がりつつあるらしい。しかし、全く関心の異なる筆者にとっては、収穫多い1日であった。

様変わりの「世界5大モーターショー」

5大モーターショーとは、デトロイト(毎年1月)、フランクフルト(隔年の9月)、パリ(フランクフルトのない年の9月)、ジュネーブ(毎年3月)と東京(隔年10月末~11月)、ということになっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報