クローズアップ・マーケット

原発の行く末:「10万年保証」できるか?

2月9日に行われた東京都知事選挙においては、細川護煕元首相が、小泉元首相の支援を受け、即時脱原発を旗印に立候補した。選挙では、細川氏は落選したが、その声は無視できず、当選した舛添要一氏や政府にも影響を与えた。

政府は25日午前、策定中のエネルギー基本計画の政府案を決定した。原発を「重要なベースロード電源」と位置付けたが、その一方で、原発依存度は、再生可能エネルギーの導入などにより「可能な限り低減させる」とした経産省案の表現を維持した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報