クローズアップ・マーケット

ポストFITへ:ドイツに学べ!ドイツを追い越せ!

  • 印刷
  • 共有

新認定制度と入札制度

「再生可能エネルギー特別措置法」が改正され、固定価格買取制度(FIT)が、来年4月から大きく変わる。

発電事業者やEPC(設計・調達・工事会社)にとって影響が大きいのは設備の認定制度の変更。「設備認定」から「事業認定」に、と言われるように、認定要件として、事業計画の実施可能性が確認されることになり、事前に電力会社との接続契約の締結が必要になる。また、大規模な太陽光発電を対象に、入札制が導入される。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報