クローズアップ・マーケット

改正FIT対策:活路はパワコンにあり

再生可能エネルギーによる電力の固定価格買い取り制度(FIT)が始まったのは2012年7月。その見直し法案が今年5月25日に成立。来年4月1日から施行されることとなった。今回の見直しの目的の1つが、太陽光発電の「未稼働案件」を一掃すること。

目的は買い取り価格の低下

2012年度の価格は40円/kWh(税抜)。翌2013年には36円(同)となった。経済産業省によると、両年度に認定を取得した合計約70万件のうち、今年半ば時点で稼働してないもの、つまり「未稼働案件」が約半分の34万件もあった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報