> コラム > 新たな脅威ドローン:原発の敵は地震・津波だけではない
クローズアップ・マーケット

新たな脅威ドローン:原発の敵は地震・津波だけではない

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

4月22日午前、東京永田町の首相官邸の屋上にドローン(小型無人ヘリコプター)が落下しているのが見つかった。永田町とマスコミ関係者には激震が走ったようだが、筆者は、「おっ」という程度の反応で、特に驚きはしなかった。筆者だけではない。ドローンが注目され始めてから、この程度のことを想定した人は少なくないはずだ。

「偶然に発見」の恐怖

「ドローンが敷地内に入るなんて」。首相官邸の職員は、ショックを隠せない様子でそう語った。ドローンは22日午前10時20分頃、官邸職員が偶然、屋上に上がって発見した。

一番気になるのは、この「偶然に」というところだ。今回のことが、事故ではなく事件(テロなど悪意のある行為)であった、と仮定しての話だが、犯人も怖いが、もっと怖いのは官邸側が無防備であったことだ。

(※全文:2,229文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.