クローズアップ・マーケット

再エネに多様化の兆しがあるが・・・

再エネの主役は業務用太陽光発電。しかし、その買い取り価格(FIT)は毎年下落し続け、2016年度は24円となった。初年度から40%の下落であり、「もう終わり」という声も聞こえてくる。しかし、その一方で「これからが腕の見せ所」という元気な業者も少なくない。

いずれにしても、今まで通りのやり方では利益をあげることが難しくなりつつあるので新たな視点が必要だ。また、太陽光以外の再エネも無視できない。改めて周囲を見渡してみた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報