クローズアップ・マーケット

日本の一歩先を行くイタリアのEV活用 ― 2:都市交通の未来像

本稿2019年07月16日号(「日本の一歩先を行くイタリアのEV活用-1」)では、イタリア主要都市における超小型EVによるカーシェアリングと路上充電器の話をした。その続編である今回は、フィレンツェのEVバスと今世界でブレークしつつある電動キックボード(電動スクーター)などのいわゆる「パーソナルモビリティ」について報告する。

フィレンツェのEVバス

中国の深センや上海では、市内を走るバスのほとんどがEVだ。フィレンツェでも、市内バスの主力は電気バス。そこで、路線番号C2のEVバスで、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会から町の東側にあるベカリア広場まで行ってみた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報