クローズアップ・マーケット

世界からズレる日本の環境政策:中国を追うしかないのか

政府は今年7月3日、「第5次エネルギー基本計画」を閣議決定した。また、経済産業省は、自動車新時代戦略会議(第2回)において「2050年までに世界で供給する日本車について、世界最高水準の環境性能を実現する」という考えを示した。いろいろと発表するのは良いが相変わらず世界の方向とはズレている。

原発比率が高すぎ再エネ比率が低すぎる

「第5次エネルギー基本計画」における第一の問題は、電源構成に占める原発の比率が現実を無視した高い水準にあること。2030年度の電源構成に占める原発の比率を「20~22%」とし、前回に続いて「重要なベースロード電源」と位置づけている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報