クローズアップ・マーケット

原発の終焉と太陽光発電の自立

  • 印刷
  • 共有

2016年12月27日、東芝は、傘下のウエスティングハウス(WH)の子会社であるS&Wの資産価値が大幅に低下し、巨額損失が発生する見通しになったと発表。その後、この損失が6800億円程度に膨らむ可能性が出てきた。東芝の同年9月末時点の自己資本は約3600億円なので、このままだと2017年3月期決算で債務超過に陥ることになる。巨額損失の原因は原発事業の行き詰まりだ。

主力事業から一転お荷物に

東芝がWHを買収したのは2006年のこと。三菱重工やゼネラル・エレクトリック(GE)などとの争奪戦に勝ってWHを取得。そのコストは追加出資分も含めると約6400億円に昇り、ライバル企業が提示した金額の2倍を超えたと言われている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報