クローズアップ・マーケット

追尾(トラッキング)型ソーラーの可能性は?

ブームに沸く太陽光発電だが、反対意見も少なくない。その理由の一つが、発電の不安定さである。夜は発電量ゼロだし、昼間でも悪天候時には極端に落ちる。さらに、雲ひとつない快晴の日でも、発電量は一定ではなく、時間と共に変わっていく。

朝夕の発電量が少ない

筆者は、茨城県にあるメガソーラー(出力430kW)の発電状況をモニタリングしている。その2013年4月13日(晴れ)の1時間毎の発電量を見てみると、きれいなベルカーブ(教会の鐘の形:統計学の正規分布に近い)を描いている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報