クローズアップ・マーケット

東芝危機は原発終焉の象徴

東芝は昨年12月27日、傘下のウエスティングハウス(WH)の原発事業による損失が6,800億円に上る可能性があると発表。筆者は、本稿2017年2月6日号(「原発の終焉と太陽光発電の自立」)で、この件についてコメントした。それから1週間後の2月14日、損失額は7,125億円に上方修正された。東芝とWHは3月29日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請した。

原発事業で1兆円の損失!

東芝は、今回の損失により2017年3月期決算で債務超過に陥ることになり、東証の規定により2部に降格する。しかし、実際には降格どころの騒ぎではない。東芝は解体の危機に瀕しているのである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報