クローズアップ・マーケット

軽井沢でエコについて考える

  • 印刷
  • 共有

筆者は、本稿2016年9月19日号(「太陽光発電は環境に良く、景観的にも悪くない」)にて、軽井沢町周辺の太陽光発電施設問題についてコメントした。縁があって、その軽井沢に今年1月から住むことになった。

太陽光発電と景観

上記記事で紹介した発地メガソーラー(長野県軽井沢町馬取・発地地区)は馬取公民館の裏手にある。これは道路から離れていて見えないのだが、軽井沢町から隣の御代田町を経て小諸市に至る道路沿には土地置き型の太陽光発電設備が目立つ。沿道の民家の屋根にも結構乗っているし、筆者と同じコミュニティ内の別荘や近くの保育所の屋根にも設置されている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報