クローズアップ・マーケット

ソーラー立国本番 勝ち残るのは慎重かつ大胆な一握り

日本の太陽光発電が急加速している。2012年の年間導入量は当初200万kW(2GW)程度と推定されたが、実際には、240万kWであったようだ。

「夢の500万kW」実現は確実

また、アメリカの調査会社IHS iSuppli(アイサプライ)によると、2013年の年間導入量は500万kWを超えると言う。日本として、初めて500万kWの大台に乗るのだが、実際、2012年度中に認定を受けた太陽光発電の容量(2013年2月末時点)は1200万kWに上っているのだから、一部が来年以降に積み残されるとしても、今年の導入容量が500万kWを超えるはほぼ確実だろう。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報