クローズアップ・マーケット

スペース(設置場所)を求めてスペース(宇宙)へ 宇宙太陽光発電の夢

  • 印刷
  • 共有

前号では、太陽光発電の新しい設置場所として、ため池などの水面の活用を提唱した。しかし、もっと広いスペースがある。宇宙だ。

宇宙空間で太陽光発電を行い、その電力を地上に送ろうという試みがあり、一般的に、宇宙太陽光発電システム(Space Solar Power System:SSPS)と呼ばれている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報