クローズアップ・マーケット

恐竜(原発)の時代は終わった

川内原発の再稼働はまだ不確定

2014年11月7日、 原発の立地県として初めて、鹿児島県の伊藤祐一郎知事と県議会が、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に同意した。これで、「今冬中の」再稼働に見通しが立った、とマスコミは報じているが...。

筆者は、そう簡単ではないと考える。何よりも、福島の教訓が生かされていない。事故以来、今も何万人もの人たちが避難生活を余儀なくされている。しかも、放射能汚染水問題は収束する気配すらないからだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報