クローズアップ・マーケット

原発再稼働ラッシュに異議あり!

2018年3月20日、佐賀地裁(立川毅裁判長)は、市民団体による九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の運転差し止め仮処分の申し立てを却下した。市民団体側はこの決定を不服として福岡高裁に即時抗告しているが、九電は、3月23日に3号機を稼働させた。

稼動直後にトラブル

ところが、玄海3号機は発電出力上昇中の3月30日に配管からの蒸気漏れトラブルが発生。翌31日に発送電を停止した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報