クローズアップ・マーケット

ソーラーシェアリング建設開始

今年3月末、農水省からソーラーシェアリングに関するガイドラインが示され、農地の「一時転用」による「農電併業」が解禁になった。これを受けて、多くの農家や業者から全国の農業委員会に申請が出されたが、まだ実施例は少ない。そんな中、筆者が関与する案件2件が承認を受け、工事開始に漕ぎ着けた。

電気も「農産物」

ソーラーシェアリングとは、太陽光(ソーラー)を農産物生産と太陽光発電とで分かち合う(シェアする)仕組みである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報