クローズアップ・マーケット

「リーフ」のバッテリーで「ロードスター」が疾走

11月3日文化の日。筑波サーキット(茨城県下妻市)のコース1000にて「第22回ジャパンEV フェスティバル」が開催された。主催は日本EVクラブ(舘内端代表)。メインイベントはコンバートEVによる「1時間ディスタンスチャレンジ」。

コンバートEVというのは、普通のガソリン車からエンジンとガソリンタンクをはずし、モーターとバッテリーを積み込んだ「手作り電気自動車」。これで、1時間の間に走れる距離を競うというレースで、10数台が参加した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報