クローズアップ・マーケット

ソーラーシェアリング解禁! TPP対策の切り札に?

3月31日、農林水産省は、これまで農地転用にあたるとして認めていなかった、農地への太陽光パネルの設置を認める決定を行い、その際の許可条件等について公表した。これで、農業と太陽光発電を同時に行うことが可能になった。今、注目のソーラーシェアリング(農電併業)がついに実現したのである。

太陽光発電を行うためには、農地に支柱を立て架台を設置することが必要だが、その際、下部の農地で農業生産が支障なく継続され、また、周辺の営農に影響を与えないことが条件となる。そこで、農水省はその対応法を以下のように定めたのである:

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報