中部電力、工場に1.5MWソーラーカーポート導入 CO2年間700t削減

  • 印刷
  • 共有
「みたけ工場」に設置したソーラーカーポート(出所:中部電力ミライズ)
「みたけ工場」に設置したソーラーカーポート(出所:中部電力ミライズ)

中部電力ミライズ(愛知県名古屋市)は2月22日、自動車部品メーカーのジェイテクトギヤシステム(同・瀬戸市)の岐阜県内工場に、カーポート一体型の太陽光発電設備を導入し、運用開始したと発表した。

工場の年間電力使用量の約5%を再エネ化

今回の取り組みでは、中部電力ミライズとして過去最大規模となるソーラーカーポート(パネル容量は約1500kW)を、みたけ工場の従業員駐車場に設置し、発電したCO2フリー電気を同工場に供給する。これにより、みたけ工場の年間電力使用量の約5%(一般家庭約500世帯の使用電力に相当)が再エネ化される。CO2排出量は年間約700トン削減できる見込みだ。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事