三菱自、EV使用済みバッテリーで自律型街路灯

  • 印刷
  • 共有

三菱自動車工業(東京都港区)は8月10日、MIRAI-LABO(同・八王子市)と共同で、電気自動車(EV)の使用済みバッテリーを用いた自律型街路灯の開発検討を開始したと発表した。

両社が開発する自律型街路灯は、EVの使用済みバッテリーとリサイクルスチールを使用し、系統からの電力や地中配線など外部からの給電を必要としない自律型のソーラー灯。災害時や停電発生時にも消灯することなく街路灯の機能を発揮する。また使用済みバッテリーを採用することで、バッテリー製造時に排出するCO2削減に貢献する。今年度中に開発を行い、23年度以降に企業・自治体との実証を通じて提供を開始する予定だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報