関電、商業施設などにEV充電器設置・時間帯別の料金設定可 24年2月開始

  • 印刷
  • 共有
(出所:関西電力)
(出所:関西電力)

関西電力(大阪府大阪市)は11月27日、公衆エリアにEV充電器を設置する「EV充電サービス事業」を開始すると発表した。2024年2月頃をめどに全国の商業施設・家電量販店・ホームセンターなどの小売店に先行導入し、同年4月から全国展開する。初年度の設置台数は1500口を想定している。

閑散時間帯の集客対策などに効果

同サービスでは、時間単位での充電予約、時間帯別の料金設定ができる。これにより、企業は、閑散時間帯に時間帯別料金を設定するなど効率化を図ることができる。またEV利用者は、あらかじめ充電時間を予約し、充電料金が安価な時間帯の選択や充電渋滞を回避できるようになる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事