日置電機ら、オフグリッドでEV充電 実証開始

  • 印刷
  • 共有
オフグリッドEV充電システム実証 イメージ図(出所:日置電機)
オフグリッドEV充電システム実証 イメージ図(出所:日置電機)

日置電機(HIOKI/長野県上田市)とYanekara(東京都台東区)は7月25日、営業車両・通勤車両の脱炭素化を見据え、V2V(Vehicle to Vehicle)充電技術を活用した、オフグリッドEV充電システムの実証を開始すると発表した。HIOKI本社においてEVを蓄電池として活用したオフグリッドEV充電システムを構築し、HIOKIが新たに導入する社用車EVを太陽光発電で充電する実証を行う。

同実証実験では、ソーラーカーポートにYanekaraの開発する次世代型V2X機器「YaneBox」を併設し、オフグリッド(電力会社の送電網に繋がっていない状態)で社用車EV3 台を充電するための機能を検証する。検証では、HIOKIの電力計測技術を活かして電力の有効利用分と損失のバランスを測定することで、オフグリッド運用を行う際の最適な太陽光パネルと蓄電池の容量の算定に取り組む。また、どのような利用パターンの車両の組み合わせであれば安定的にV2V充電を活用したオフグリッド充電システムを構築できるのかを調査する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報