PXP、太陽光だけで走る実証EVを試作 「曲がる太陽電池」で1日16km走行可能

  • 印刷
  • 共有
「曲がる太陽電池」を搭載したEV(出所:PXP)
「曲がる太陽電池」を搭載したEV(出所:PXP)

PXP(神奈川県相模原市)は1月17日、「曲がる太陽電池」を搭載し、太陽光だけで走る実証電気自動車(EV)を作製し、1月24日~26日に東京ビッグサイトで開催される「第16回オートモーティブワールド」に出展すると発表した。

同社は、世界初の方法で、次世代太陽電池のペロブスカイト太陽電池と、化合物系のカルコパイライト太陽電池を組み合わせたタンデム構造による「軽くて曲がる、割れないソーラーパネル」の研究開発に取り組むスタートアップ。「曲がる太陽電池」の量産技術検証のためのパイロットラインを完成させ、現在、その立ち上げに向けた調整を行っている。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事