JA三井リース、EVファブレスメーカーASFに出資

  • 印刷
  • 共有
ASFが開発中の小型EV車両(出所:JA三井リース)
ASFが開発中の小型EV車両(出所:JA三井リース)

JA三井リース(東京都中央区)は9月22日、電気自動車(EV)のファブレス(自社工場を持たない)メーカーであるASF(同・港区)に出資したと発表した。

ASFはEVの企画・開発・製造・販売、バッテリーリース事業などを行うスタートアップ。利用者の用途・ニーズに応じて車両を生産するシステムを構築している。また、EVと再生可能エネルギーを併せて提供することで、モビリティを起点としたカーボンニュートラル社会の実現を目指している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報