パナソニック、EV充電器のシェアリングサービス開始

  • 印刷
  • 共有
(出所:パナソニック)
(出所:パナソニック)

パナソニック(大阪府門真市)は10月24日、電気自動車(EV)普及のボトルネックとなっている基礎充電インフラを整備するため、EVチャージャーを設置するオーナー(ホスト)とEVユーザーをつなぐ、シェアリングサービスを始めると発表した。11月29日よりサービスを開始しホストの募集を開始する。2023年春にユーザー向けのサービスを開始する予定。

サービス名は「everiwa Charger Share(エブリワ チャージャー シェア)」。ホストは、アプリで登録を行い、設置したEVチャージャーに2次元コードのステッカーを貼り付けるだけで、特別なハードウェアや追加工事なくに充電スポットを設置できるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報