DNP、米国でEV用バッテリーパウチの加工 26年開始予定

  • 印刷
  • 共有
リチウムイオン電池用バッテリーパウチのサンプル(出所:大日本印刷)
リチウムイオン電池用バッテリーパウチのサンプル(出所:大日本印刷)

大日本印刷(DNP/東京都新宿区)は11月29日、米国ノースカロライナ州に、リチウムイオン電池の外装材であるバッテリーパウチの工場用地を取得したと発表した。市場拡大が見込まれる米国市場の需要に対応するのが狙いだ。稼働開始は2026年の予定。

100億円を投じ、工場用地取得とスリット加工ラインの導入目指す

DNPは1990年代、印刷技術のひとつであるコンバーティング技術(材料加工技術)を活用し、バッテリーパウチを開発した。現在は、国内外の電池メーカーに提供するなど、世界トップシェアを誇る。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事