積水化学工業、米国で放熱材料の量産開始 EV車両向け

  • 印刷
  • 共有
(出所:積水化学工業)
(出所:積水化学工業)

積水化学工業(大阪市北区)は11月22日、連結子会社の積水ポリマテック(さいたま市桜区)がEVなど環境対応車向け放熱材料の米国生産拠点を新設し、量産を開始したことを発表した。

EVニーズを背景に放熱材料事業で2025年度売上高200億円を目指す

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事