大林組、水電解水素製造装置を比較実証 次世代AEM型vs既存PEM型

  • 印刷
  • 共有
AEM型水電解水素製造装置 水素製造フロー図(出所:大林組)
AEM型水電解水素製造装置 水素製造フロー図(出所:大林組)

大林組(東京都港区)は2月6日、水電解水素製造装置の性能を比較検証する実証を開始した。同社技術研究所(同・清瀬市)に高価なレアメタルを触媒に使用しない水素製造装置「AEM型」を新たに設置。既存の「PEM型」と水素製造効率や耐久性のなどの性能や、運用コストなどを比較する。

水電解水素製造装置は現在、アルカリ溶液と電力で水素・酸素を製造する「アルカリ型」と、プロトン交換膜を用いた「PEM型」が商用段階にあるが、アニオン交換膜を用いた「AEM型」など、次世代水電解技術の開発が世界で進められている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報