エネオスら3社、「清水ソーラーエナジー」設立

  • 印刷
  • 共有
合弁会社「清水ソーラーエナジー」のビジネススキーム(出所:ENEOS)
合弁会社「清水ソーラーエナジー」のビジネススキーム(出所:ENEOS)

ENEOS(東京都千代田区)、鈴与商事(静岡県静岡市)、静岡ガス(同)は9月1日、静岡市における太陽光発電の自家消費支援事業を行う合弁会社「清水ソーラーエナジー」を設立し、同日より事業を開始したと発表した。

新会社は、顧客が所有する住宅および店舗等の屋根に初期費用ゼロ円で太陽光発電設備を設置し、発電した電気を顧客に供給する。使用量を上回る余剰電力は、静岡市において大型蓄電池や水素ステーションで活用していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報