アマゾン、梱包の簡素化を拡大 紙袋やメーカー梱包

  • 印刷
  • 共有

アマゾンジャパン(Amazon/東京都目黒区)は8月30日、紙袋での配送や、Amazonによる追加の梱包せずメーカーの梱包のまま配送するなどの梱包の簡素化を拡大したと発表した。梱包資材の削減に加え、ユーザーの梱包の開封・処理の手間を減らす。

Amazonはこれまでも機械学習を活用した梱包の選定により、商品のサイズに適した段ボール箱や封筒等を使用し商品を保護しながら梱包を削減してきた。今回、一部の物流施設に専用のオペレーションを追加。段ボール製の箱や封筒等で出荷されていた日用品など、一部商品を対象に紙袋での配送を開始した。商品保護の観点から、ギフトや危険物、壊れやすいもの、液体は、紙袋での配送は行わない。

加えてメーカーの梱包のまま配送する商品も拡大した。これまで大型・中型商品の一部はメーカーの梱包のまま配送していたが、一部の小型商品等もメーカーの梱包のままで配送する。壊れやすいものや危険物、散乱しやすいもの、メディア(本やCD等)、ギフトやコレクター向け商品、購入者のプライバシーに関わる商品は対象外となる。

なお、今回発表された取り組みは、Amazonの独自配送網のみでの取り扱いとなる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報