九州電力、新料金プラン創設で昼間需要へシフト 4月から低圧顧客に提供

  • 印刷
  • 共有
 画像はイメージです
画像はイメージです

九州電力(福岡県福岡市)は2月6日、太陽光発電など再生可能エネルギーの出力制御抑制に寄与する新たな料金プラン「おひさま昼トクプラン」を、低圧契約者向けに2024年4月1日から提供開始すると発表した。申込受付は3月28日から開始する。

同プランは、「エコキュート」、「蓄電池」、「電気自動車(EV)」を使用しており、 当該機器により電気の使用を昼間へ移行可能な顧客(低圧契約)を対象としたもの。昼間の電力量料金単価を割安とすることで、夜間・朝夕の電気の使用時間帯を、昼間にシフトするよう促す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事