丸紅新電力、需給調整市場に参入 東芝ESSが代行

  • 印刷
  • 共有
今回のビジネススキームについて(出所:丸紅新電力)
今回のビジネススキームについて(出所:丸紅新電力)

丸紅新電力(東京都千代田区)は9月7日、需給調整市場に参入すると発表した。東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)に運用代行を委託する。

9月初旬から、東芝エネルギーシステムズの需給調整市場用AC(アグリゲーションコーディネーター)RA(リソースアグリゲーター)システムを活用し、東京エリアで丸紅新電力が運用するガス火力発電所である川崎クリーンパワー(神奈川県川崎市/出力29,700kW)を活用し、需給調整市場三次調整力(2)の取引を開始する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報