日立エナジー、北欧の蓄電池メーカーと水素発電機の実証機を開発

  • 印刷
  • 共有
【出所:日立エナジー】
【出所:日立エナジー】

日立エナジー(東京都品川区)は11月22日、スウェーデンの燃料電池メーカーであるパワーセルグループと、燃料電池技術を活用したCO2排出量ゼロの水素発電機「HyFlex」の実証機を開発したと発表した。

送電網への連系が困難な環境でもCO2フリーの電力供給が可能

この水素発電機は、燃料電池と変電・付帯機器を一体型にまとめた設備で、拡張性があり、送電網への連系が困難な環境でも電力を供給することが可能だ。ディーゼル発電機の代替として使用でき、建設や採掘の工事現場などのほか、緊急バックアップが必要なデータセンターや病院、停泊中の船舶などでの用途を想定している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事