住友電工、スリム自立型・V2H充放電器を開発 遠隔操作も可能

  • 印刷
  • 共有
(出所:住友電気工業)
(出所:住友電気工業)

住友電気工業(大阪府大阪市)は2月22日、V2H充放電器 「sEMSA-V2H」を開発したと発表した。スリムな自立型モデルで、駐車場などの少ない空きスペースへの設置が可能。電力の変換損失が少なく、EVの充放電を無駄なく行えるほか、スマートフォンによる遠隔操作にも対応する。販売開始は2025年1月から。

パワコンの追加なく導入できる

同社が開発したV2H充放電器は、DC/AC変換器やEV充電ホルダが機器本体と一体となった仕様で、設置スペース(床面積)は業界最小クラスの約0.22m2。DC/AC変換器内蔵のAC連系タイプで、太陽光発電システムや蓄電システムをすでに持っている事業者はパワーコンディショナーなどの機器を追加することなく、V2Hが導入できる。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事